玉川大学

  • 751人が検討中

乳幼児発達学科

東京

理論と体験的学びを通して、「子ども・子育て支援新制度」に対応した乳幼児教育のプロフェッショナルを育成

募集人数 75
初年度納入金 176.29 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科の特長

時代のニーズに対応する教育・保育、保護者支援のスペシャリストを育成する

幼稚園教諭免許状と保育士資格を同時に取得。乳幼児期の教育・保育を展望するカリキュラムにより、知識を学ぶだけでなく、教育・保育の実情を知り、知識と技能の融合を図り、実践力を養う。教育者・保育者のみならず、子育て支援コーディネーターなど乳幼児の教育・保育、保護者支援のスペシャリストを育成する。

4年間通して、教育・保育の現場で経験を重ねる

教育・保育実習に加え、インターンシップや教育ボランティアなどの多彩な現場体験を重視したカリキュラムが特長。経験を重ね、「乳幼児の心の発達を理解する力」「子どもの豊かな環境をデザインする力」「子育て支援・家庭を支援する力」を身につける。3年次からは、学科の枠を超えたゼミナールで専門性を追求。

授業例1:「保育内容総論」

遊びが子どもの重要な学びであることを、学生自身の体験をとおして学ぶ。泥だんご作りがなぜ学びになるのか、等々。実際の体験とディスカッション、幼児教育の理論をとおして総合的に学ぶ。

授業例2:「子どもの保健」

赤ちゃんがかかりやすい病気とその対応、授乳やおむつ交換の実際の方法、保育所での午睡のあり方、保護者への伝え方等、実体験も含めて学ぶ。

授業例3:「家族支援論」

現代社会において家族がどのような環境に置かれているか、またそこから生じる虐待等の問題性とその相談援助技術等についても学ぶ。子どもを可愛いと思えない保護者を前にどのようにかかわったらよいか、具体的な事例をとおして学ぶ。

1年次から教育・保育・福祉の現場を体験できる教育インターンシップ

教育インターンシップや教育ボランティアでは、教育実習、保育実習とは別に1年次2セメスターから教育・保育・福祉の現場を体験できる。キャンパス内に併設された幼稚部の園児や保護者と実際に関わることにより、教育や保育のあり方を体験学習でき、単位としても認定される。

玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:公立・私立 幼・小・中・高等学校、公立・私立 保育士、国立印刷局、ANAエアポートサービス、ユニクロ、武蔵野銀行、芝信用金庫、日本共済、星野リゾートグループ、日本郵便、湘南ゼミナール、臨海、警視庁、さいたま市役所、藤沢市役所

玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科の問合せ先

玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科お問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8155

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。