玉川大学

  • 568人が検討中

工学部

東京

最先端の科学と技術で「自然と共生できる工学」「人を思いやる工学」を実践

募集人数:240

初年度納入金:196.24~197.84 万円(学科により異なる)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
情報通信工学科 55
デザインサイエンス学科(仮称)
2023年4月開設予定(構想中)学科の名称・概要等は予定であり、今後、変更になる場合があります。
マネジメントサイエンス学科 40
ソフトウェアサイエンス学科 55
数学教員養成プログラム 30

玉川大学 工学部の特長

情報通信工学科

ICT(情報通信技術)を学び「人と人をつなぐ」次世代の技術と手法をハード・ソフトの両面から徹底的に修得します。IoT、AI(人工知能)・脳科学、ビッグデータ解析、自動運転技術(量子レーダ)など幅広い分野で活用が期待される最先端の技術を深く学修。1年次の「チャンピオンシップ」では自走移動型ロボットを作成し、プログラミングを体験的に理解するだけでなく、チームワークやリーダーシップの大切さも学びます。

デザインサイエンス学科(仮称)※

※2023年4月開設予定【設置構想中】学科の名称・概要等は予定であり、今後、変更になる場合があります。
商品企画から設計、商品化に関わるさまざまな専門科目を学び、アイデアをカタチにします。「プロダクトデザイン」「ロボットデザイン」「環境デザイン」の3つの専門領域から技術と知識を複合的に深め、サイエンスにより新しい価値をデザインします。

マネジメントサイエンス学科

ITやAIなどを活用した経営・管理やデータマネジメントを学びます。1年次終了時に「マーケティングマネジメント」、「データマネジメント」、「経営情報システム」、「サービスマネジメント」の4領域から将来の希望に合わせて選択。「人・情報・環境・金」の経営要素を軸に、品質管理、経営戦略、企業会計、IT、サービスなどを学び、広い視野を備えたマネジメント能力を養います。

ソフトウェアサイエンス学科

最先端の専門的スキルを修得し、ITの新たな分野を切りひらきます。「ゲーム・コンテンツ関連」、「モバイルシステム・ネットワーク」、「コンピュータ・ソフトウェア」、「情報・数学教員」の4つの専門領域を複合的に学修。「企業講義」では、企業の第一線で活躍されている経営者、研究者、技術者などを講師に招き、生きた知識とスキルを学べる貴重な機会となっています。

数学教員養成プログラム

「教員養成の玉川」の伝統と強みを活かして、深い知識と教授法を修得した「数学」教員を養成します。数学の教員になるために必要な各種数学を広く学修。少人数で行われるゼミも充実しています。教員就職支援では、小・中学校の元校長という教育現場での経験豊かな教員が常駐し、教科指導や学級経営などの相談に応じています。採用試験前には受験地ごとの傾向に合わせ、論文や模擬面接、模擬授業など、きめ細かい指導やアドバイスが受けられます。

学部の枠を超えた学びで新しい価値を創造する「STREAM Styleの教育」

「STREAM Hall 2019」を拠点に、「異分野融合の学びを育む」というコンセプトのもと、工学部・農学部・芸術学部の学びを融合させた新たな教育スタイルです。アイディアで終わらず、「作る」までを、デザイン思考を鍛えながら実践的に学べます。

情報通信技術の基礎に触れる「チャンピオンシップ」

マイコンを備えた移動型ロボットを使用したレースや、ドローンを用いた飛行・データ観測などのチャンピオンシップを通して、ICTの基礎を学びます。

人と製品、環境、システムとの調和を考える「人間工学」

人間の心理、生理、運動特性の多様な学びを通して、製品やシステムを、安心、安全、快適に使用するための人間の特性に整合させた、ものづくりのデザイン力を養います。

デジタル工作機を使ったものづくり「デジタルファブリケーション実習」

製品製造のための設計ツールであるCADの基礎を修得。さらに、モデルデータを用いた出力や解析など、デジタルファブリケーションの応用技術も含めた実習を行います。

生き物の特性を工学・医療に応用「バイオミメティクス」

ハスの葉の撥水効果、サメ肌の流体抵抗の低減効果、ヤモリの指の粘着力など、生体の優れた機能や形状を模倣し、工学・医療分野に応用した具体例を紹介します。

テクノロジーを駆使して現代ビジネスを考察する「ビジネスコンテンツ」

本講義では、プロジェクトベースのグループ学修を通じて、実際にフィールドワークやプレゼンテーション、検討会を行いながら、現実のビジネスプランを立案します。

外部企業との連携講座「企業講義」

企業の第一線で活躍されている経営者、研究者、技術者などを講師に招き、最先端技術や製品開発のプロセスなど、実際の企業での取り組みを紹介します。

卒業後に活躍が想定される分野

ネットワーク設計者、システムエンジニア、ゲームクリエイター、組み込みソフトウェア開発者、ロボット技術者、機械設計技術者、商品プランナー、経営者、経営コンサルタント、モバイルキャリア技術者、中学高等学校教員(数学、情報、工業)、大学院進学

数学教員を目指す学生のための「数学教員養成プログラム」

工学部で学ぶからこそ修得できる専門分野の力、また教職課程で学ぶ教員としての力を高め、輩出する教員の「質」の向上をめざしています。入学直後から参観実習など教育現場を肌で体験するプログラムを含む特別カリキュラムにより教員に必要となる基礎科目を学修します。

取得可能な教育職員免許状・資格

■情報通信工学科
中学校一種(数学)+高等学校一種(数学)+小学校二種
高等学校一種(工業)
■マネジメントサイエンス学科
中学校一種(数学)+高等学校一種(数学)+小学校二種
■ソフトウェアサイエンス学科
中学校一種(数学)+高等学校一種(数学)+高等学校一種(情報)+小学校二種
基本情報技術者<国>(午前試験免除)
■数学教員養成プログラム
入学手続時に上記3学科のいずれに所属するかを選択

異分野融合の学びを育む場「STREAM Hall 2019」

各階の吹き抜けの位置を調整することで、上下階のいずれからも他の階で行われている活動や成果発表が目に見えるように工夫されている「STREAM Hall 2019」。これは異分野の人たちが互いの活動により関心を持ち、交流を促進する効果をねらっています。

デザイン思考のサイクルを円滑に回す「メーカーズフロア」

ものづくりの拠点として、PC、3Dプリンターなど各種工作機械を設置。工学部以外の学生も利用でき、「デザイン思考」に基づいた成果を生み出すことが期待されています。

ロボットに興味がある人が自由に学べる「ロボットラボ」

自律移動型ロボットによる競技会「ロボカップ」への出場者や、自主的にロボットに関する活動に取り組む学生たちが自由に集い、学べる場所が設けられています。

チューター制度

プログラミングを初めて学ぶ人、また、数学を伸ばしたい人にも、学生チューターが優しく丁寧にサポートします。さらに、個別のオンラインサポートも実施しています。

玉川大学 工学部の問合せ先

玉川大学 工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
042-739-8155 入試広報課

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。