玉川大学

  • 914人が検討中

国際経営学科

東京

ビジネスを通して社会の要請に応える、世界に貢献できる人材を養成する

募集人数 130
初年度納入金 174.62 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

玉川大学 経営学部 国際経営学科の特長

コースプログラム制で世界標準の経営学を学ぶ

学びの特長は、グローバルビジネスに直結する「実践力」と世界を舞台にして活躍するための「英語力」。「グローバルビジネス」「国際会計」「マーケティング戦略」の3つのコースを設置し、各コースの体系的知識を修得しながら、グローバルスタンダードで考え行動する能力を身につける。

キャリアを意識した3コースより選択し、学びを進める

入学時に、「グローバルビジネス」「国際会計」「マーケティング戦略」の3コースより選択し、将来の職業・社会的役割を意識しながらゼミナールを軸とする少人数制の「コースプログラム」で学修を進める。

基礎を固めたあとは、専門性の高い学びへ。将来のキャリアを意識した学修システム

1年次に経営学の基礎となる科目を学び、コース共通の基礎を固める。2年次には各コースの専攻科目が始まり、コースプログラムを順調に学修するための「専門基礎ゼミ」を履修。専攻する分野の基礎力を養うとともに専攻を学ぶ方法を学ぶ。3・4年次は専門ゼミに所属し学びを深め、将来のキャリア形成につなげる。

Dual Language Program(DLP)

2年次からBusiness Englishと日本語・英語の両言語で経営学を学修する。全ての科目で両言語を活用した学修が行われ、これにより経営分野で必要な知識・スキルを修得し、グローバル社会で求められるアイディアの創造とその発信力をより高いレベルで養成することができる。

授業例:世界に向けた発信方法を事例から学ぶ「経営塾」

●グローバルビジネスにおける日本の経営を学ぶ:ビジネスの場で活躍する経営者等を招き、実際の経験や経営課題を事例に、グローバル時代のビジネスに必要な要素を発見する。
●経営の在り方を考える:組織運営や経営上の課題に関し、問題へのアプローチと解決についての講話を聴き、経営の実態やリーダーシップを学ぶ。

実際に企業で就業体験することで知識を深め、自身のキャリアを考える「インターンシップ」

就業体験をキャリア形成のきっかけにすることと、講義で学んだことを実践し、その実態を知ることを目的としてインターンシップを実施。企業研修プログラムに参加して一定の要件を満たせば単位取得も可能。本学が契約した派遣先に推薦するものと、公募のインターンシップ参加後に単位認定されるものの2種類がある。

玉川大学 経営学部 国際経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:戸田建設、大和ハウス工業、東京セキスイハイム、東急リバブル、トーモク、東芝ロジスティクス、日産トレーデイング、尾家産業、三井食品、スリーボンド、ユニクロ、ANAケータリングサービス、青森銀行、静岡銀行、川崎信用金庫、城南信用金庫、多摩信用金庫、SBI証券、岡三証券、東洋証券、第一生命保険、NTTデータNJK、日立ICTビジネスサービス、日立社会情報サービス、博報堂プロダクツ、日本ビューホテル、ニュー・オータニ、東京中央農業協同組合、東京国税局、陸上自衛隊

玉川大学 経営学部 国際経営学科の問合せ先

玉川大学 経営学部 国際経営学科お問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8155

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。