玉川大学

  • 638人が検討中

環境農学科

東京

「グローバルな視点」で環境・自然・農業を考え、SDGsに貢献する

募集人数 70
初年度納入金 191.34 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

玉川大学 農学部 環境農学科の特長

国内外のフィールドで生物・環境を学ぶ!

自然・農業・社会のつながりを考える。2年次必修のカナダまたはニュージーランド(予定)への約4か月間の留学では、グローバルな視点をもち、環境問題に取り組む。国内では北海道や鹿児島県、神奈川県箱根にある大学施設を活用した実習も。3年次より「生態系科学」と「持続的農学」の専門領域に分かれ、学びを深める。

【生態系科学領域】

生物と環境の相互作用、生物多様性や自然の豊かさ、地域から地球規模の環境について学ぶ。
<主な学問分野>里山生態学、環境動態学、環境リモートセンシング、動物生態学、生態系生態学

【持続的農学領域】

環境への影響が少ない農業技術の開発と利用、農業と社会の関わりと国際協力について学ぶ。
<主な学問分野>持続的農業システム学、保全生物学、持続的植物資源学、農学国際協力

4か月間の海外留学(必修)でグローバルな視点を持ち、環境問題に取り組む

2年次必修の海外プログラム(カナダまたはニュージーランド(予定)で4か月間)では、現地の大学で自然、農業、環境、英語などの授業を受け、近隣の自然や農業関係のフィールドトリップにも出かける。留学経験から世界に目を向けた学びの姿勢をもち、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献すべく環境農学の研究を行う。

北から南!国内プログラムも充実

日本各地の農業、生活、自然を体験的に学び、特徴を比較・理解するプログラム。北海道の弟子屈農場では、演習林実習、畜産実習や畜産農家見学、周辺の自然観察を行う。箱根自然観察林では森林樹木などの自然観察、鹿児島県の南さつま久志農場では、柑橘など果樹園管理、近隣の農業関連施設見学、周辺の自然観察をする。

玉川大学 農学部 環境農学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:イオンリテール、伊藤園、キユーピー、森永乳業、協同乳業、東ハト、ケンコーマヨネーズ、サミット、サンデリカ、JA御殿場、JA全農長野、JA東京中央、ぐるなび、生活協同組合コープみらい、大日本除虫菊、月島食品工業、東亞合成、フジパングループ本社、プライムデリカ、明治屋、ヤマト科学、環境管理センター、杉並区役所、住友林業、横浜市役所、公立学校教員、私立学校教員

玉川大学 農学部 環境農学科の問合せ先

玉川大学 農学部 環境農学科お問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8155

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。