玉川大学

  • 638人が検討中

先端食農学科

東京

従来の農業の枠を超え、未来の「食」づくりに挑戦

募集人数 70
初年度納入金 189.73 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

玉川大学 農学部 先端食農学科の特長

従来の農業の枠を超え、未来の「食」づくりに挑戦

食に直結する分野の研究を集約。実験・実習などの体験を重視した学びから、未来の食料生産技術、安心安全で機能的にも優れた食品や食料生産システムの在り方を探究する。3年次より「システム農学」と「食品科学」の専門領域に分かれ、学びを深める。

多彩な学問分野から興味のあるものが見つかる!

【システム農学領域】植物生理学、水産学・養殖学、生物環境工学、微生物生態学、園芸植物学
【食品科学領域】食品化学、食品製造科学、食品機能学、食品栄養学、食品衛生学

夢のある未来の研究

・LEDを使った無農薬ハイテク野菜づくりの研究
・栄養学×スポーツの可能性:栄養指導している全国レベルの陸上競技部女子駅伝チームの食事をテーマにした卒業研究に励む学生も。

Future Sci Tech Lab

Future Sci Tech Lab(植物工場研究施設)では、場所を限定せず作物が栽培できる新しい農業技術の開発をめざし、無農薬で安全な作物生産の実証実験を行っている。

アクア・アグリステーション

主に研究するのは“閉鎖環境”でのアワビや魚類の養殖。自然界ではエサが不足して成長が遅れたり、環境の変化で個体数が減少したりするが、閉鎖環境ではエサも環境も人間が管理するため、その問題は起こらない。この研究が成功すれば、海から遠く離れた場所でも安全・安心に食料を生産できるようになる。

Food Science Hall

「たまがわはちみつ」や「たまがわアイスクリーム」などの玉川学園オリジナル商品の生産加工の拠点となっている。「食」をキーワードに、生産現場をはじめとする活動と、研究室・実習室などの活動の双方で学際的な協働学修が可能。

玉川大学 農学部 先端食農学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:イオンリテール、伊藤園、キユーピー、森永乳業、協同乳業、東ハト、ケンコーマヨネーズ、サミット、サンデリカ、JA御殿場、JA全農長野、JA東京中央、ぐるなび、生活協同組合コープみらい、大日本除虫菊、月島食品工業、東亞合成、フジパングループ本社、プライムデリカ、明治屋、ヤマト科学、環境管理センター、杉並区役所、住友林業、横浜市役所、公立学校教員、私立学校教員

玉川大学 農学部 先端食農学科の問合せ先

玉川大学 農学部 先端食農学科お問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8155

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。