観光学科

東京

国際化する観光業界のビジネス・リーダーとして観光学・英語力・情報力を養い、観光のプロを目指す

募集人数 90
初年度納入金 172.08 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

玉川大学 観光学部 観光学科の特長

「観光」を多様な視点からとらえ、体系的な学修を展開

1年次で観光学を学ぶ基礎を修得した後、[観光ビジネスモデル][地域活性化モデル][国際交流モデル]の3つのキャリアプランをイメージした履修モデルに沿って専門分野を学修。観光を通して多彩なフィールドで貢献できるグローバル人材育成のための履修モデルとともに、夢の実現をサポートするキャリア支援体制も整えている。

1年間の海外留学が必修

2年次後期から約1年間、全員必修で行われるオーストラリア留学(1年次終了までにTOEIC(R)500点取得が条件)。生きた英語を身につけ、異文化に対する理解や対応力、国際感覚を学ぶ絶好の機会。留学に必要なスキルを高める授業や留学後のフォローアップ授業など、海外留学を有意義に過ごすためのカリキュラムも整っている。

観光を通して英語と情報を学ぶ

コミュニケーションツールとしていかせる英語の修得を目指した観光学部独自の「英語シャワープログラム」を展開し、英語の必修科目を毎日開設。さらに「データ処理」や「統計学入門」など、基礎的な情報リテラシーを高め、情報の収集・分析スキルの修得も目指す科目を必修としている。

授業例:「観光行動論」「ホスピタリティ・マネジメント」

「観光行動論」観光者の心理や観光での消費者行動に関する理論と研究方法、研究事例を紹介。「人々は何を求めて旅行に出かけるのか?」等を考える。
「ホスピタリティ・マネジメント」外食産業および宿泊産業に携わる経営者、管理者の方々を毎回講師として招く。ホスピタリティ産業の次世代リーダーとしての基礎知識を修得。

授業例:「イベント・ツーリズム」

「イベント・ツーリズム」観光振興の手法であるイベントやコンベンション誘致について理解を深めることを目的とする。地域プロモーションにおけるイベントの実態と役割について概観することにより、イベントの基盤となるfun(楽しい、面白い、愉快、喜び)の創造とビジネスへの展開を考える。

観光学の集大成「観光学ゼミナール」

留学後、3年次後期からは幅広い分野を網羅した観光学の専門科目を学ぶとともに、学生の興味や関心に応じた専門研究を深めるゼミナールで、学外と連携した実践的な学びが行われる。(例:グローバル視点で地域活性化方策を調査・研究・策定する観光ゼミナールは静岡県下田市と提携し「21世紀の下田開国プロジェクト」を提案)

玉川大学 観光学部 観光学科の入試情報

玉川大学 観光学部 観光学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アパホテル、ANAエアポートサービス、ANA成田エアポートサービス、エイチ・アイ・エス、オリエンタルランド、サザビーリーグ、JTB、筑西市役所、全日本空輸、立花エレテック、帝国データバンク、ディスコ、東武トップツアーズ、日本精工、日本ホテル、日本旅行、はとバス、羽田空港サービス、東日本旅客鉄道、びゅうトラベルサービス、星野リゾート、ポロ・ラルフローレン・ジャパン、マイナビ、三井不動産ホテルマネジメント、ミリアルリゾートホテルズ、ワタベウェディング

玉川大学 観光学部 観光学科の問合せ先

玉川大学 観光学部 観光学科お問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8155

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。