観光学部

東京

多彩な学びで未来の観光を創造するグローバル人材に!

募集人数:90

学科・コース名 募集人数
観光学科 90

玉川大学 観光学部の特長

海外留学

2年次後期から1年間のオーストラリア留学は全員必須。留学前の「英語シャワープログラム」により英語運用能力を磨きます。留学中は語学研修から始まり、観光に関する専門科目、海外インターンシップなどもあり、様々なプログラムを用意しています。異文化体験を通して、国際社会で活躍できる英語力と国際理解力を身につけます。

3つの履修モデル

1年次で観光学を学ぶ基礎を修得した後、「観光ビジネスモデル」「地域活性化モデル」「国際交流モデル」の3つのキャリアプランをイメージした履修モデルに沿って専門分野を学びます。観光を通して多彩なフィールドで貢献できるグローバル人材を育成するため20名前後のクラスによる少人数教育や充実したキャリア支援体制も整えています。

「観光学」ゼミナール

海外留学を終えた、3年次後期からは幅広い分野を網羅した観光学の専門科目を学ぶとともに、学生それぞれの興味や関心に応じてより専門的な研究を深めるゼミナールを履修。その専門科目の授業やゼミナールでは、積極的に学外と連携した実践的な学びも行われています。例えば、グローカルな視点で地域活性化方策を調査・研究・策定するゼミナールでは静岡県下田市と提携し「21世紀の下田開国プロジェクト」を提案するなど様々な取り組みを行っています。

観光行動論

「人々は何を求めて旅行に出かけるのか?」「人々はどのように旅行先を決定するのか?」など、観光者の心理や観光での消費者行動に関する理論を学びます。

ホスピタリティ・マネジメント

外食産業および宿泊産業に携わる経営者、管理者の方々を毎回講師として招き、日本の「おもてなし」の現状や課題、改善策などを理解。ホスピタリティ産業の次世代リーダーとしての基礎知識を身につけます。

イベント・ツーリズム

観光振興の手法であるイベントやコンベンション誘致について理解を深めることが目的。地域プロモーションにおけるイベントの実態と役割について概観することで、イベントの基盤となるfun(楽しい、面白い、愉快、喜び)の創造とビジネスへの展開を考えます。

学部の特色

快適で充実した「旅」だけでなく「交流」の機会を提供するのが、観光産業の役割。そのために今求められているのは、語学(英語)力、情報(ICT)力、そして異文化を理解し、もてなすことができる人間力の3つの力です。観光学部ではこの力を育むための充実したプログラムを用意しています。

玉川大学 観光学部の問合せ先

玉川大学 観光学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
042-739-8155 入試広報課

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。