人文社会学科

東京

1学科に13専攻・1プログラム。分野の異なる多様な学問を文学部で学ぶことができます。

募集人数 990
初年度納入金 129.73 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

中央大学 文学部 人文社会学科の特長

2021年4月に13専攻に加えて新たなプログラムを設置

本プログラムでは、13専攻の学問領域を自由に横断し、自らの関心に基づいたオリジナルのカリキュラムを作成して学びをデザインしていきます。また、本プログラムへ入学時に選択した「社会文化系」か「スポーツ文化系」どちらかの系統に所属し、卒業時には学びの成果を卒業課題研究または卒業論文にまとめます。

多彩な専門科目を学ぶことで幅広い視野を養います

約700の専門科目のうち半数以上の科目はどの専攻に属していても受講可能です。例えば中国の社会や歴史に興味があれば、中国言語文化専攻の「現代社会事情」や、東洋史学専攻の「東洋近代史」を学ぶなど、同じテーマについて複数の専攻の科目を受講することで、異なる視点での見方、考え方を身に付けることができます。

サービス業、メーカー、卸・小売業、マスコミ、教育など多様な業界に幅広く進出

文学部の卒業生の就職先は、非常に多方面にわたります。サービス業、メーカー、卸・小売業、マスコミ、教育などが主ですが、そのほか情報通信、運輸、不動産、金融など幅広い業界に進んでいます。公務員や各種の資格試験に挑戦する学生も多数います。

資格取得をめざす学生を強力にバックアップする資格課程

文学部では、「教職課程」「学芸員課程」「社会教育主事課程」「司書・司書教諭課程」の4つの資格課程を設置しています。資格取得に必要な科目を、無理なく履修できるようにカリキュラムを組むことができるので効率的に資格が取得できます。

専門分野の学びを支援する共同研究室

文学部には「多様な専門分野の学び」、「少人数教育」、「アットホームな雰囲気」を提供する場として、専攻ごとに共同研究室が設けられています。共同研究室には各分野の豊富な資料や図書を備えており、学生はレポートや論文作成の資料収集などに利用するほか、教員や学生同士の憩いの場としても活用しています。

文学部生の情報交換スペース「アカデミックラウンジ」

文学部にはグループワーク、留学や奨学金への出願など、さまざまな情報交換を行うことができるアカデミックラウンジが設けられており、常駐の大学院生スタッフに学習相談ができるほか自習スペースとしても利用できます。

中央大学 文学部 人文社会学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:厚生労働省、東京都庁、味の素、資生堂、日本航空、小学館、富士通

中央大学 文学部 人文社会学科の問合せ先

中央大学 文学部 人文社会学科お問い合わせはこちらへ

〒192-0393 東京都八王子市東中野742‐1
入学センターTEL042-674-2144

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。