生命科学科

東京

ゲノム解析から“ポストゲノム時代”へ。生命科学の基礎から最新知識までを修得。

募集人数 75
初年度納入金 183.8 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

中央大学 理工学部 生命科学科の特長

高度な科学技術によって生命の本質を学びます

生物を解剖したり標本を作るというイメージの残る生物学ですが、近年は生命の本質が集約された細胞や微生物の研究など、新たな段階へ移行しています。生命科学科ではその最先端を担い、高度な科学技術によって解明していきます。

さまざまな問題を「生命の理解」から解き明かす人材を養成します

社会問題・環境問題・経済問題などを、「生命の理解」に立脚して考えられるような人材の養成をめざしたカリキュラムを組んでいます。生命科学の基礎知識の習得を軸として周辺分野を学べるよう、可能な限り幅広いテーマを準備し、将来自分が進みたい分野・専門を、4年間を通してじっくり選べるよう配慮しています。

キャリアデザインに生かせるインターンシップ

理工学部のインターンシップは、都市環境学科、精密機械工学科、ビジネスデータサイエンス学科、生命科学科、人間総合理工学科の5学科で選択科目として設置されています。主な受け入れ先には、キヤノン、東芝、鹿島建設、大成建設、ソフトバンクなどの企業の他、国土交通省や東京都庁などの行政機関もあります。

高度な研究を身のまわりの分野に活かします

研究室のテーマ(一例)として、生物の進化と多様性/動物の形態形成/極限環境に生きるラン藻の適応戦略/細胞運動の制御機構/べん毛・せん毛形成の分子機構/医薬品開発支援のバイオ・インフォマティクスなどが挙げられます。

めざせる分野

バイオ産業(食品、科学、農学)、環境関連分野(水処理、土木、建設)、医薬産業、電気・機械・石油・情報、行政(環境アセスメント、鳥インフルエンザ対策)、サービス業(食材の選択、安全性管理)、マスコミ、教育(生命科学の知識の啓蒙、教員)、バイオ関連の知的財産を扱う場面など、幅広い活躍の場があります。

利便性に優れた都心のキャンパス

理工学部のある後楽園キャンパスは、東京ドームの近く。周辺には緑豊かな小石川後楽園、斬新なデザインの文京シビックセンター、都会的なショッピング施設、治安を守る富坂警察署があり、環境は良好。3駅5路線の最寄りにあるため、都内で盛んに開かれる学術的な行事に参加したり、企業を訪れたりするのに絶好の場所です。

中央大学 理工学部 生命科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:埼玉県教育委員会、キヤノンマーケティングジャパン、森永乳業、伊藤ハム、エーザイ、雪印メグミルク、大正製薬、日本製薬、クラシエ製薬

中央大学 理工学部 生命科学科の問合せ先

中央大学 理工学部 生命科学科お問い合わせはこちらへ

〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27
理工学部事務室TEL03-3817-1715

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。