東京農業大学

  • 1,289人が検討中

国際食農科学科

東京

世界に向けて日本の食農技術・文化を展開

募集人数 110
初年度納入金 154.34 万円(第1回73万3400円 第2回81万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科の特長

食と農学の新たな発展の可能性を追求

日本の食と農に関する文化、それらを支える栽培技術や加工技術は、世界的な注目を集めています。本学科では、農学の柱となる生産科学系、食品科学系、食農文化系、食農政策系、食農教育系など多角的なアプローチによって、食農の伝統と新たな発展の可能性を総合的に学びます。

生産から加工、販売、消費まで学べる一貫体制

本学科では、地域の食と農について、社会科学、人文科学、自然科学の領域にまたがった実践性の高い学習をすすめます。カリキュラムは、生産から加工、販売・消費と食と農に関する一連のプロセスを関連づけた教育と、実験・実習・演習科目を配置しています。

予想される研究テーマ

●食文化・農村文化と地域振興
●都市農村交流による地域活性化とメディア戦略
●調理加工特性を活かした食品素材の有効活用
●食品の機能性に関する研究
●伝統野菜の生理・生態に関する研究
●世界のフェアトレードによる国際貢献活動に関する研究
●海外における学校菜園の教育効果
●食育プログラムの開発

3年次から一つの研究室に所属し、卒業論文作成まで本格的な研究活動を実施

食農技術分野「植物生産学研究室、食環境科学研究室」、食農社会分野「食農文化・政策研究室、食農教育研究室」の2分野4研究室で構成。日本や世界の食と農について、それぞれの角度から研究します。

予想される進路

大学院、食品系商社、総合商社、食品メーカー、貿易、広告・マスコミ、農業協同組合・生活協同組合、NPO、公務員、教員、新規就農、農業法人など

文系科目だけでもチャレンジできる一般選抜

一般選抜は、全てマークシートの選択式問題で行われ、本学科では1.英語2.国語・数学(1科目選択)3.生物・化学・日本史・地理・世界史・現代社会(1科目選択)の3科目の試験が課されます。農学分野というと理系の印象が強いかもしれませんが、科目の選び方によっては、文系科目だけでも受験できる点がポイントです。

東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:農産物、食品流通(卸、小売)、農業資材・種苗会社、農産物・食品貿易会社の企画・営業・技術・広報など、公務員(農業、消費者行政、文化政策など)、JA(営農指導、農産物販売など)、農業経営、農業ベンチャー、地域コンサルタント、ライター、農産加工事業、農家レストラン

東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科の問合せ先

東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科お問い合わせはこちらへ

〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
TEL 03-5477-2226

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。