自然資源経営学科

北海道

自然体験学習とフィールド調査から環境共生のマネジメントを学ぶ

募集人数 90
初年度納入金 139.64 万円(第1回73万3400円 第2回66万3000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京農業大学 生物産業学部 自然資源経営学科の特長

豊かで多様なオホーツクの自然および地域資源を素材に、生物産業の経営を実践的に学ぶ

今日の日本において、都市部が発展し続ける一方で、地域社会は過疎化などさまざまな課題に直面しています。しかし、地域社会にはまだ眠っている資源があるのではないでしょうか。その可能性を見い出し、都市とは異なるアプローチでの社会発展を探究すべく、オホーツク地域のさまざまな産業と連携した学びを展開しています。

本質を理解し、具体的に解決する能力を身につける

1年次には地域や産業を体感する作物栽培、森林管理、自然体験などの実習が多く、2年次には、3分野に分かれ、問題意識の形成や学習課題の立て方を学びます。3、4年次には研究室に所属、専門的知識や問題解決型の能力を鍛え、卒業論文の作成を行います。オホーツクらしい、乗馬体験実習なども設けられています。

見渡すかぎりの畑で行われる農業実習

1年生の各ゼミが、それぞれ1区画の畑を割り当てられ、そこに3種類のジャガイモを植付けから収穫まで栽培管理します。10月の収穫時には、収穫量と品質をゼミ間で競い、1位に輝いたゼミには豪華景品が贈呈され、やる気とゼミの一体感を生み出します。ジャガイモのほかに、各ゼミで決めた野菜や花なども栽培されます。

生物資源と地域産業の「共生」による地域創生を探求「生物産業ビジネス研究室」

ネイチャーマネジメント・ツーリズム分野、新市場創出分野、地域産業経営分野の3分野5研究室が設置されています。「生物産業ビジネス研究室」では、生物資源の保全や持続可能な仕組み、企業による生物資源を利用した事業活動の促進などを研究しています。

3分野5研究室を展開

3年次から所属する「研究室」は、ネイチャーマネジメント・ツーリズム分野「ワイルドライフマネジメント・ツーリズム研究室」、新市場創出分野「6次産業化研究室、流通・マーケティング研究室」、地域産業経営分野「地域企業経営研究室、生物産業ビジネス研究室」の3分野5研究室が設置されています。

文系科目だけでもチャレンジできる一般選抜

一般選抜は、全てマークシートの選択式問題で行われ、本学科では1.英語2.国語・数学(1科目選択)3.生物・化学・日本史・地理・世界史・現代社会(1科目選択)の3科目の試験が課されます。農学分野というと理系の印象が強いかもしれませんが、科目の選び方によっては、文系科目だけでも受験できる点がポイントです。

東京農業大学 生物産業学部 自然資源経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:コーナン商事、ヤマザワ、ライフコーポレーション、ロック・フィールド、エイチ・アイ・エス、エフオン、近畿日本ツーリスト関東、星野リゾート、スノーピーク、豊田鉄工、日本光電工業、パナソニック、佐秀ファーム、ジェイイーティファーム、藤光園、中井観光農園、アヲハタ、エイワ、タナカ理研、山崎製パン

東京農業大学 生物産業学部 自然資源経営学科の問合せ先

東京農業大学 生物産業学部 自然資源経営学科お問い合わせはこちらへ

〒099-2493  北海道網走市八坂196 
TEL 0152-48-3814

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。