龍谷大学

  • 2,656人が検討中

国際学部

京都

留学を軸に異文化理解を深め、国際的コミュニケーションができる「真の国際人」を目指す

募集人数:507

初年度納入金:107 万円(入学金26万円、第1年次諸会費を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
国際文化学科 372
グローバルスタディーズ学科 135

龍谷大学 国際学部の特長

グローバルスタディーズ学科

長期留学を必修とし、現地学生を対象に開講されている科目を履修する留学を推奨。現地での授業料は本学が全額負担します。留学後の専門科目は「グローバリゼーション」、「コミュニケーション」、「エシックス」の3領域を設け、8割が英語または英語・日本語併用で開講されます。学年ごとに英語運用能力の目標スコアをさだめており、新卒採用時に英語運用能力を考慮する多くの企業が「評価できるTOEIC(R)LISTENING AND READING TESTの点数」としているスコア730点以上等が卒業要件です。ただし、求めるのはスコアではなく、本質的なコミュニケーション能力を身につけることを目指します。

国際文化学科

言語や社会などの背景の異なるさまざまな人々の文化を、それらの人々の視点に寄り添って理解しようとする姿勢を持つことで、身近な文化を再発見し、真に独自性のある考え方を育むことを目指します。11か国語から選んで履修する言語学習と、「比較宗教」「地域研究」「人間と共生」「メディアと社会」「芸術・表現」という5つの科目群での学びを通じて、多様性と独自性の基盤を形成し、新たな文化コンテンツを世界に向けて発信する力を身につけます。

充実した少人数教育

開講する50%以上の科目について「アクティブラーニング」という手法を取り入れており、学生の皆さんは講義を聴いてノートをとるだけではなく、主体的にグループディスカッションやプレゼンテーションといった形で主体的・積極的に授業に参加して学びを深めています。

フィールドワーク

異なる文化間に生じる問題を率先して調整できるファシリテーター(促進者)、解決に向けて行動できるリーダーとしての素養を育むため、フィールドワークや制作など、自ら行動し体験する学びのスタイルを重視しています。現実の課題を通して、多角的に思考・判断・表現する能力を養います。

国際交流

本学部に所属する教員の約37%が海外出身者。さらに学内には約500名の留学生が在籍し、日本にいながらの国際交流が可能です(2021年10月末現在の実績)。

留学制度

世界49カ国・地域に広がる協定校ネットワークを活かして、交換留学や私費留学、BIEプログラム、短期研修など目的にあわせた留学をサポートします。

施設・設備

海外留学を支援する「グローバル教育推進センター」や、学生の自主学習スペースなど、深草キャンパスにはさまざまな教学施設・設備が設けられています。

りゅうこく国際ハウス

留学生と日本人学生が共同生活をおくる学生寮「りゅうこく国際ハウス」を開設。入寮者以外でも、気軽に来館・利用できます。

留学サポート制度

留学経験のあるスタッフが留学先の情報提供や語学学習のサポートなどをおこなう「国際学部留学サポートデスク」を設置しています。

教育目標

多様化する国際化社会で、自国の文化を基軸に異文化を尊重できる人材を育成。高度なコミュニケーション能力をもって、世界でわたりあえる人間性やスキルを磨きます。

龍谷大学 国際学部の問合せ先

龍谷大学 国際学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒612-8577 京都府京都市伏見区深草塚本町67
075-645-7887 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。