関東学院大学

  • 742人が検討中

コミュニケーション学科

神奈川

多様な文化や価値観を持つ人々とのコミュニケーションに必要な能力を身につけます

募集人数 148
初年度納入金 144.47 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

関東学院大学 人間共生学部 コミュニケーション学科の特長

グローバル、メディア、ビジネス心理の3領域からコミュニケーションを学びます

3領域の専門科目を学修し、客観的視点から観察した事実を他者に正確に伝える力、英語または中国語での日常生活レベルの言語運用能力、メールやSNSなどインターネットで普及しているメディアやツールを良好な人間関係構築のために活用する知識、組織の中で一人ひとりの特性を活かして協働するためのスキルや態度を習得。

理論だけでなく実践を通じて、知識とスキルをバランスよく身につけます

英語は日本語で行う授業と英語で行う授業を組み合わせて多角的に学修。中国語はオリジナルのテキストと歌を利用して学修効果を高めます。各種メディアでの表現や組織の中での人間心理についても、理論だけでなく実習授業から体験的に学修します。3年生の前半に全員がプロジェクト授業を履修するのも特徴です。

3年次春学期に「プロジェクト科目」31科目を開講し、キャンパスでの学びを実社会につなげます

そのひとつが「オーストラリア留学プロジェクト」。オーストラリア国立ニューカッスル大学への短期留学プログラムで、大学でのインタラクティブな英語学習とネイティブ教員との少人数ワークショップやフィールドワーク、ホームステイ等を通じて多民族国家の異文化を理解し、英語によるコミュニケーション能力を高めます。

注目の科目「人間関係づくり演習」

仕事における人間関係の諸問題を人の心理や行動の特性という心理学の視点から分析し、良好な人間関係を構築・維持していくためのスキルについて実践的に学びます。ケーススタディやグループワークなどを通して、相手の気持ちを理解し相互の立場や考え、感情を共有できる力を身につけていきます。

横浜南部市場(横浜市金沢区)のミニコミ誌を発行しました(新井ゼミナール)

横浜市金沢区にある南部市場食品関連卸売センター(共栄会)と新井ゼミナール3年生11名は「横浜南部市場活性化」に関する活動の一つとしてミニコミ誌を制作。この活動は、2016年3月関東学院大学冠奨学金奨学生(チャレンジ奨学生部門)として認められました。このミニコミ誌は、南部市場で配布されています。

コミュニケーションに必要な能力を身につけ、さまざまな分野での活躍を想定

コミュニケーションの理論と実践を学ぶことにより、多様な価値観を持つ人々が協働する金融業、製造業、流通・小売・卸売業、さまざまな利害関係者間の調整が求められる公務員や国際NGO・NPO、ホスピタリティを求められる観光業、旅行業、ホテル業、技術と消費者をつなぐIT産業やメディア産業などへの就職が期待されます。

関東学院大学 人間共生学部 コミュニケーション学科の入試情報

関東学院大学 人間共生学部 コミュニケーション学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:観光業、旅行関連業、ホテル業、IT産業、メディア産業、銀行・証券会社、製造業、流通・小売・卸売業、協同組合、NGO・NPO

関東学院大学 人間共生学部 コミュニケーション学科の問合せ先

関東学院大学 人間共生学部 コミュニケーション学科お問い合わせはこちらへ

〒236-8501  神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL045-786-7019(アドミッションズセンター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。