看護学部

神奈川

看護専門職として、人として、奉仕の精神をもって健康と福祉に貢献できる人材になる


学科・コース名 募集人数
看護学科 80

関東学院大学 看護学部の特長

学科の内容

看護の分野では、専門知識はもちろん、奉仕の心や態度が大切です。豊かな人間性と高い倫理観、自分で考え探求する力、自ら問いをもって答えを導き出す力、さらにチームや地域社会と協働・連携する力を養う教育にも力を入れています。また、少人数教育、経験学習重視の教育を展開しています。

カリキュラム

1年次は看護の基礎とともに、「キリスト教学」など幅広い教養を修得。2年次では、成人・老年・小児・母性・精神など看護学の諸領域の知識を学び、3・4年次で本格的な臨地実習を行います。4年次では、看護師国家試験に向けた学習に本格的に取り組むとともに、卒業研究などを通して、興味があるテーマを深く探求していきます。

実習プログラム

実習は4年間を通じて15科目を用意しています。初期体験、生活援助、成人、老年、小児、母性、精神、在宅等の各看護学領域に合わせて、国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院・横須賀共済病院・横浜栄共済病院・平塚共済病院に加え、横浜市地域ケアプラザ、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、認定こども園、助産所、精神障害者地域活動センター・作業所、訪問看護ステーションで合計23週間行われます。4年次には、看護学の統合と実践力を高めるため統合実習を実施。チーム医療や地域社会との連携を体験しながら、看護師として現場に立つ準備をします。

老年看護学実習

高齢者の特徴を身体的・心理的・社会的側面から理解し、高齢者の生活状況や生活環境について幅広い視点から学びます。また、高齢者と話したり、援助したりすることを通して、高齢者の尊厳について考え、老いの意味や高齢者看護の意義について理解を深めます。健康レベルに応じた看護をするにはどうすれば良いか、実践的な知識や技術の体得もめざします。この実習の舞台となるのが、「横浜市地域ケアプラザ」です。他の都市・地域のモデルとして横浜市が主導する仕組みで、市内各地域の福祉保健活動や交流の拠点として展開しています。

第107回看護師国家試験結果

2018年3月卒業生(第二期生)が98.5%の合格率を達成しました。(合格者数64名)

教育目標

「人になれ 奉仕せよ」の理念のもとに、保健・医療・福祉分野での、いっそうの社会的使命をはたすため「看護学部」を設置しました。看護職としての専門知識・技術の修得はもちろん、建学の精神に根ざした、少子高齢化時代における社会的使命を自覚し、人々の健康と福祉に貢献できる人材育成を目標としています。

関東学院大学 看護学部の入試情報

関東学院大学 看護学部の問合せ先

関東学院大学 看護学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
045-786-7019

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。