経営学科

神奈川

主体的・実践的なプログラムで、良識あるビジネスリーダーとして広く社会に貢献できる人材を育成します

募集人数 352
初年度納入金 131.4 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

関東学院大学 経営学部 経営学科の特長

ビジネスの理論を学び、経営の現場を体験。社会で生きるための力を養う

経営学科では、今後のキャリア形成や学生生活を送る上で必要な基礎を1年次に学び、2年次から学生一人ひとりの進路に合ったコースを選択します。各コースで学ぶ講義科目で学習した知識を実際に「使ってみる」「やってみる」のが実践ビジネス科目です。理論と実践を交互に学ぶサイクルで社会で使えるスキルを磨きます。

K-biz=社会連携教育プラットフォーム

K-bizとは学生が「経営の現場」に出ていく仕組みを指します。企業とコラボレーションして商品開発や戦略提案を行うことで、机上で学んだことを実践できる場を提供しています。K-bizサポーター企業には有名企業と横浜の優良企業が含まれており、この11社が学生の教育に積極的に関わることで、実践的な学びが可能となります。

1年次に全員が履修する事業企画立案プログラム「ビジネスプラン」

これは事業の企画を自分で立ててみるという授業です。まずやってみることによって、何ができないのか、何を勉強しなければならないのか、ということに気づくことを目指します。こうした「気づき」は、2年生以降の専門的な学習をする意義や目的をもたらし、学習する意欲も高まることになります。

実践やインターンシップを通して社会の問題を論理的に見極める

新鮮で安心な地産物を安く地域の人に届け、地域の魅力を知ってもらい地元活性化をめざすという学生自らが提案した企画から始まった取り組みや、地元の中小企業などを対象にしたビジネスプランを立案するプロジェクトなど、社会に実際に参加し実践的に学ぶ機会を設けることにより、就職活動にも大きな効果が出ます。

充実の実践型プロジェクトと会計人材育成プログラム

税理士など会計系の資格取得を目指す学生の数年にわたる学習を教員が長期的にサポート。大学院への飛び級制度があり、大学入学後、最短5年で税理士試験に合格することも可能です。学習の進度などについてきめ細かく指導し、まずは早期での日商簿記検定3級合格を目指します。

学生がアイディアを競い、新しいビジネスプランを提案。「ビジネスプラン・コンペティション」

ビジネスに必要な企画力・提案力・プレゼンテーション能力・実行力を競い合うイベントを、2003年より毎年12月に開催しています。一次、二次、最終審査と三段階にわけて審査します。二次審査からは企業の経営者や専門家が審査を務め、最終審査では、プランだけではなくプレゼンテーション能力も加味されます。

関東学院大学 経営学部 経営学科の入試情報

関東学院大学 経営学部 経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:企業管理者(民間企業全般)、製品開発担当者、マーケティングリサーチャー、サービス業(旅行関連業務、鉄道、ホテル)、金融業(銀行・証券・保険・信金・JA等)、システム担当者(IT関連業務)、税理士・公認会計士、流通小売業(百貨店、総合スーパー、専門店等)、商社、起業家

関東学院大学 経営学部 経営学科の問合せ先

関東学院大学 経営学部 経営学科お問い合わせはこちらへ

〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL045-786-7019(アドミッションズセンター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。