東京都立大学

  • 5,564人が検討中

都市基盤環境学科

東京

自然や環境と共生し、安全で豊かな社会基盤を創造する「市民のための工学」を学ぶ。

募集人数 50
初年度納入金 80.28 万円(東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科の特長

自然や環境と共生する建造物を考える、総合的な視野と素養を磨く

交通・物流・ライフラインを学ぶ「社会基盤分野」、地圏・水圏・大気圏環境を学ぶ「環境システム分野」、自然災害の解明や地域の安全確保を考える「安全防災分野」という3分野を設置し、未来を担う専門家を育成。さらに細分化され、都市や環境にまつわる様々なテーマを見つけることができます。

入門から実習・セミナー・野外調査と、積み上げ方式で学ぶカリキュラム

1・2年次は「構造力学」「土質力学」「水理学」など、広範な技術分野の基礎学問を全員が履修。3・4年次になると、図学演習や情報処理、実験科目なども多く取り入れており、3年次には3泊4日の測量学実習、また都庁や建設業界でインターンシップ(企業研修)が、さらに4年次には、マンツーマン指導による特別研究を行います。

都市のインフラを計画・設計・デザインする『社会基盤計画デザイン実習』

都市における社会基盤施設がどのように計画されるのか、具体的設計、構造物完成後の効果・影響分析まで、仮想プロジェクトを通じて学びます。現地調査や現実味のある提案を行うための議論、パース・模型・パンフレットの作成やプレゼンテーションを通して、専門知識を深めるとともにグループワークの力も養います。

高校時代に夢中になった数学や理科。その力を応用、発展させ、環境を考えよう

本学科の学びの基礎となる数学と物理(力学)について十分な基礎学力を修得し、その上で都市、環境、自然災害に興味を持ち、人の役に立つこと、そして自然や都市の共生を考えることのできる人材を育成します。研究者、技術者、コンサルタント、あるいは建設業界や公務員などと幅広い分野で活躍できます。

東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科の入試情報

入試一覧

東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:安藤・間、応用地質、鹿島建設、首都高速道路、大成建設、西日本高速道路、パシフィックコンサルタンツ、一建設、東日本高速道路、八千代エンジニヤリング、神奈川県庁、相模原市役所、静岡県庁、仙台市役所、東京都庁、八王子市役所

東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科の問合せ先

東京都立大学 都市環境学部 都市基盤環境学科お問い合わせはこちらへ

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。