東海大学

  • 3,534人が検討中

航空宇宙学専攻

神奈川

「空」と「宇宙」への探究を通して、幅広い知識と行動力を身につけた人材を育成します

募集人数 90
初年度納入金 161.32 万円(入学金20万円、授業料他 含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻 の特長

幅広い理工学の知識を身につけ、あらゆる理工学の集大成の応用としての航空宇宙学を学ぶ

物理学・数学科目や情報処理科目を基礎とし、技術者に不可欠な設計・製図・実験・英語科目ならびに航空工学、宇宙工学、宇宙科学の分野の基礎を学んだ後に、応用課程として、航空宇宙特別プロジェクト、研究ゼミナール、卒業研究を通じて幅広い分野で活躍できる力を養います。

「航空工学分野」では、飛行機の設計計算と性能解析を学び、飛行に繋がる力を修得

航空宇宙機の開発では、一般的な機械とは異なる非常に高度な設計製作技術が必要です。飛行機と、宇宙までの往復や大気圏外を飛ぶスペースプレーンについて、どのように飛ぶか、機体の周りの流れはどのように流れるか、どのような形の翼やエンジンがよいか、また安定した飛行はどのように得られるのかを学びます。

「宇宙工学分野」では、ロケットと人工衛星を学び、宇宙開発へ繋がる力を修得

ロケットの推進原理と人工衛星のシステムや飛行・姿勢制御について学びます。また、人工衛星やロケットの開発手法についても学習し、新たな宇宙開発へ繋がる能力を養います。そのほか、ロケットエンジンの燃焼実験、小型ロケットの製作実習などもあります。

「宇宙環境科学分野」では、地球と宇宙の環境を学び、自然現象を科学的に理解する力を養う

航空宇宙機を安全に飛ばすため、また地球環境を守るうえで重要な地球大気圏と宇宙空間の性質について学びます。人工衛星やロケットによって得られた最新のデータを使って各種観測をして、解析方法を学ぶとともに宇宙の神秘を探ります。

航空操縦学専攻の専門スタッフによる講義「航空機整備」

航空操縦学専攻との合併授業「航空機整備」では、航空操縦学専攻所属のスタッフが講師をつとめ、航空機の整備技術を中心に幅広い課題を扱った講義を展開。航空機整備の目的や整備施設・設備といった基本事項に加え、整備規程・整備方式や信頼性管理、さらには航空法など、航空機整備について多岐にわたる事項を学習します。

東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日産自動車、ソフトバンク、日本航空、宇宙技術開発、いすゞ自動車、東海旅客鉄道、エヌ・ティ・ティ・データ、本田技研工業、SUBARU、警視庁、全日本空輸、スカイマーク、日本飛行機、オリエンタルランド、ANAウイングス、JALエンジニアリング

東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻の問合せ先

東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-1211(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。