東海大学

  • 3,546人が検討中

日本文学科

神奈川

日本文学と日本語を多角的に学び探究することで、日本文化の本質を知る

募集人数 90
初年度納入金 147.52 万円(入学金20万円、授業料他 含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東海大学 文学部 日本文学科の特長

文学作品の鑑賞を通して日本文学の豊かな意味を解明

古代から現代にいたる日本文学の多様な日本の文学作品を鑑賞しながら、文学が持つ豊かな意味を解明します。そして、伝統文化や精神を体系的に学習することを通して、社会や物事の本質を捉え、人間のありようを多角的に探ります。さらに、自らのことばで主体的に発信し、広く社会に貢献できる人材に育成します。

日本語を次世代に引き継ぐための授業も用意

言語の崩壊は、文化の喪失につながると考えることができます。そのため、多くの学生に日本語の担い手としての自覚を強く持ってもらえるよう、日本語の成り立ちや変遷など、言語史的な面を学ぶ科目も用意しています。日本語を扱うプロとしての自覚を強くするための教育にも力を注いでいます。

日本の昔の文字である草書体を読む力を養う「写本にふれる」&「写本をよむ」

日本の昔の文字である草書体を読めるようにする講義。先生により授業内容は異なりますが、文字の読解をしつつ物語を読んだり、自分たちで百人一首の写本をし、それを昔の人が本を作るのと同じ方法で綴じ本にするなど、様々な形で取り組みます。和紙から自分で選んで作るので、自分だけの本を作ることができます。

母国語である日本語と、日本語の表現を鑑賞・批評する基礎的能力を身に付ける「日本語学概論」

母国語は空気のような存在ですが、社会生活にとって必要不可欠なもの。「日本語学概論」の授業では、母国語を意識し、その理解を深め、観察・研究する能力や、日本語の表現を鑑賞し批評するなどの基礎的な能力を身に付けることを目標とします。

プラスアルファの専門分野を会得することで、多角的な思考力を養う

60以上にのぼる副専攻の中から、自分の専門以外の学科、テーマに関連する科目群を履修。様々な角度からの視点をもって問題発見・解決に努める人材育成を目的とします。複数の副専攻を幅広く学ぶことも、興味のある特定の副専攻を集中的に受講することもできます。

学生と教員がともに作り上げる「日本文学科研修旅行」

奈良・京都を中心に古典文学や近代文学の「現場」を「実地踏査」します。参加者の希望によって、オプショナルツアーが組まれることもあります。大学生ならではの自由の中で文学の生まれた世界を実感しながら学生間、また教員と学生との仲を深めることのできる機会となっています。

東海大学 文学部 日本文学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:タマホーム、コーセー化粧品販売、京王百貨店、第一生命保険、BUZZFACTORY、松屋フーズ、湘南ゼミナール、信州諏訪農業協同組合、秋川農業協同組合、綜合警備保障、日本武道館、長野県警察本部、大和市役所、横浜市役所、中学校(千葉県、神奈川県)、高等学校(東京都、神奈川県)、帝京大学、東海大学

東海大学 文学部 日本文学科の問合せ先

東海大学 文学部 日本文学科お問い合わせはこちらへ

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-1211(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。