東海大学

  • 3,947人が検討中

農学部

熊本

植物科学、動物科学、生命科学を応用し真に豊かなヒトの暮らしを築く

募集人数:230

学科・コース名 募集人数
応用植物科学科 80
応用動物科学科 80
バイオサイエンス学科 70

東海大学 農学部の特長

応用植物科学科

【安全で安定した食料生産】農薬や化学肥料に過度に依存せずに、穀物、果樹、野菜などを十分に生産する技術を身につけます。天敵昆虫を用いて害虫を抑える生物的防除技術など、先進的な技術も学びます。
【最新の植物バイオテクノロジー】新しい価値を生み出すため、バイオテクノロジーを用いた品種改良や未利用植物資源の探査・保存などの先端技術の活用について学びます。
【自然環境の保全】森林や草原などの緑地の役割や植物の価値、深刻化する砂漠化をいかに防ぐかについて学びます。

応用動物科学科

【生命現象の理解とその利用方法】遺伝子や酵素、ホルモンなどの生命現象の基本的知識を修得し、さまざまな問題の解明に役立てる方法を考えます。
【畜産物を効率的に生産する技術】人口の増加で、畜産資源や食料の確保が問題となる一方で、食生活の変化で畜産へのニーズも変わっています。動物の改良や飼育方法、畜産物の効率的生産を学びます。
【動物の福祉と自然生態系】家畜など人と暮らす動物の行動を理解し、健全な飼育法を考えます。野生動物など生態系と人との調和についても学びます。

バイオサイエンス学科

【発酵食品やハーブのもつ有効物質の研究】有用物質の分離法、化学構造の決定法、生物活性の測定法を修得し、また予防医学的な見地から薬学・健康医学分野も学びます。
【バイオテクノロジーを用いた機能性食品の開発】発酵食品や特色ある食素材などが持つ健康に良い成分を活用した機能性食品。その発酵に用いられる微生物の有効利用や、食素材の生活習慣病への予防効果を成分分析やマウスなどにより検証する方法を学びます。
【遺伝子やタンパク質の構造・機能を分析】遺伝子やタンパク質(酵素)の構造・機能・相互作用を学び、生命現象を生化学的・分子生物学的に解明する技術を修得します。

学部の特色

【農学の主要領域をカバー】本学では、植物と動物に微生物や食品を扱うバイオを加えた農学の主要3領域を網羅し、「食料生産」とそれにかかわる「環境」「生命」をキーワードとして、未来を担う人材を育成します。学生は自分の興味に合わせて、「食料生産」「食と健康」「環境保全」などさまざまな分野を基礎から応用まで学ぶことができます。
【環境への学術的アプローチ】暮らしの基本となる「食・健康・環境」の問題が山積する現代社会。それらを根本的に解決し、豊かな食づくりと健康づくりを目指します。分子レベルから生態系、環境レベルまでの多様なアプローチで「多様な生物と共存する未来」を築くための先端的な研究に取組みます。

東海大学 農学部の問合せ先

東海大学 農学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒862-8652 熊本県熊本市東区渡鹿9-1-1
096-386-2608(直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。