日本大学

  • 7,646人が検討中

生命応用化学科

福島

生命化学と応用化学、環境化学を幅広く学び、環境を守り豊かな社会を実現する人材を育てる

募集人数 130
初年度納入金 166 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 工学部 生命応用化学科の特長

持続可能な社会システムの実現に寄与できる化学技術者・研究者を育成

生命化学と応用化学の幅広い知識と実験技術を修得し、21世紀を切り拓く持続可能な社会システムの実現に向け、高い倫理観と問題解決能力を有し、生命化学の工学への応用、環境に配慮した化学製品の開発・生産・普及活動および環境保全・リサイクル活動などに従事・貢献できる化学技術者、教員、公務員、研究者などを養成。

専門知識や実験技術を幅広く修得するための3つの履修モデル

応用化学系は、ポリマーやセラミックス等の機能性材料を開発するための知識と実験技術を学ぶ。環境化学系は、環境汚染物質の処理と評価分析のプロセスを構築し、地球に優しい産業プロセスを創製するための知識と実験技術を学ぶ。生命化学系は、医薬品、農薬、食品、バイオ材料等の開発に必要な知識と実験技術を中心に学ぶ。

患者の生活の質の向上に寄与できるDDS医薬品を開発

既存薬物に加工を施した投与形態で、副作用を低減し患者の生活の質の向上が期待できるDDS(ドラッグデリバリーシステム)を利用し、工学的手法を駆使したDDS医薬品の開発と臨床利用の可能性を検討している。(生体材料工学研究室)

18の研究室で、環境の保全・循環型社会の創造を視野に入れた、化学と新しい技術との融合を学ぶ

生命分子工学、酵素学、ナノバイオ、生体材料工学、糖質生命化学、分子遺伝学、生体無機化学、バイオインフォマティクス、3つの環境分析化学、環境システム、環境化学工学、環境照射化学、有機材料化学、無機材料化学、光物理化学、光エネルギー変換の18の研究室があり、さまざまな研究を行っている。

卒業生の多くが、メーカーの分析・開発の専門職として活躍

医療品や化学関連、電気・機械メーカーなどの製造業へ就職している。ほかにIT・情報処理、商社やエネルギー、サービス業など、さまざまな分野で活躍。また、2割以上が大学院へ進学している。2021年3月卒業生の主な就職先には日新製薬、ニプロ医工、福島キヤノン、東京電力ホールディングス、東京都教育医委員会などがある。

生命応用化学を深く研究できるさまざまな実験設備が充実している

タンパク等など高分子化合物の分子量を測定する「マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間質量分析装置」、任意の配列をもつDNAやRNAを合成する「DNA/RNA自動合成機」、試料表面の形態を細かく観察する「走査型電子顕微鏡」、分子の励起状態からのシグナルである蛍光寿命を測定する「ピコ秒蛍光寿命測定装置」など。

日本大学 工学部 生命応用化学科の入試情報

日本大学 工学部 生命応用化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大内新興化学工業、東京電力ホールディングス、東京都教育委員会、巴商会、日新製薬、ニプロ医工、ニプロファーマ、福島キヤノン、ユニ・チャームプロダクツ、米沢浜理薬品工業、上村工業、小野測器、シグマ光機、タマ化学工業、東洋合成工業、日信工業、日立ハイテクソリューションズ、フォルテグロウメディカル、明星工業、吉田プラ工業、キオクシアシステムズ、KSK、常磐開発、大気社、月島機械、日本防蝕工業、野村鍍金、パーカー加工、ムネカタ、メルテックス

日本大学 工学部 生命応用化学科の問合せ先

日本大学 工学部 生命応用化学科お問い合わせはこちらへ

〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1番地
日本大学工学部 入試係:TEL 024-956-8619

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。