日本大学

  • 10,930人が検討中

土木工学科

千葉

土木工学×経営学=人々が安全・快適に生活する都市機能をマネジメント。実学にこだわる生産土木ならではの成長実感!

募集人数 198
初年度納入金 166 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 生産工学部 土木工学科の特長

地域・国際社会のニーズを捉え、新たな解決技術を提案する創造性豊かなエンジニアを目指す!

土木工学とは、快適な都市空間を構成する道路、河川、ライフラインなどの社会インフラを計画・設計・施工・管理するための学問。環境保全を視野に社会インフラを創造する“環境・都市コース”、国際的視点から社会インフラをマネジメントする“マネジメントコース”を設置し、挑戦・提案型のシビルエンジニアを育成します。

企業・地域と連携した生産工学系科目を通じて、経営的視点から新たな都市機能をデザインする!

生産土木では、変化を生き抜く「たくましいエンジニア」を育成するため、チーム型やコンテスト型の学習からなるエンジニアリングデザイン教育、長期インターンシップを軸としたキャリアデザイン教育を体系的に構築。本物の社会・経済から学ぶ実践的カリキュラムが新時代を拓く技術者を育成します。

1年次からのキャリア教育を経て、100%の学生が社会での実習により自らの将来像を具現化する!

1~3年次には、過去・現在・未来の自分と向き合う“キャリアデザイン”、先輩技術者の成長から将来ビジョンを描く“キャリアデザイン演習”、志望する企業・役所等で1ヶ月間の実習に取り組む“生産実習”を体系化。実習の前後では、社会人に求められる基礎的スキルやマナー、経営管理能力を養い、即戦力人材を育てます。

土木工学は総合工学。バクテリアからロボットまで、先端技術を駆使して安全と快適を実現する!

暮らしを支える社会インフラのマネジメント、防災・減災技術等の開発はもとより、生産土木では微生物から人工衛星まで利用した海洋・湖沼・土壌の環境保全、ロボットやICT、IoT、AIを応用したエネルギーの生産技術、地下構造物の診断技術など、充実した研究環境のもと先端技術を駆使した独自の研究開発に取り組んでいます。

官公庁をはじめ、鉄道・高速道路等のインフラ系企業、建設関連企業でグローバルに活躍する!

卒業生(2019年卒199名)の約2割が国土交通省・都道府県等の官公庁、鉄道・空港・高速道路・ガス・電気等のインフラ系企業に、その他多くがゼネコンや建設コンサルタント、メーカー等の大手民間企業に就職。近年は海外で活躍する卒業生も多く、伝統ある生産土木のネットワークが一層たくましく、グローバルに広がっています。

キャンパス内に留まらない多様な実学を通じて、本物の土木技術を学べる充実した教育・研究環境

東京駅から30分ほどの自然豊かな習志野市、人情味あふれる商店街を抜けるとのびのびとしたキャンパスが広がる。生産土木では、この理想的な環境を生かして構造・水工・土質・コンクリート・衛生・道路等の実験室を整備し、最新鋭の研究機器・設備を配備。充実した学生生活を土台に、企業・地域と連携した実学が機能します。

日本大学 生産工学部 土木工学科の入試情報

日本大学 生産工学部 土木工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:国土交通省、東京都庁、千葉県庁、清水建設、大成建設、鹿島建設、戸田建設、五洋建設、前田建設工業、東海旅客鉄道、東日本旅客鉄道、応用地質、オリエンタルコンサルタンツ

日本大学 生産工学部 土木工学科の問合せ先

日本大学 生産工学部 土木工学科お問い合わせはこちらへ

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
TEL/047-474-2246(直) 日本大学生産工学部入試センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。