日本大学

  • 10,469人が検討中

化学科

東京

有機化学、無機化学、分析化学、放射化学、生物化学などを幅広く学ぶ。実験や演習を重視したカリキュラム構成が特徴

募集人数 90
初年度納入金 174 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 文理学部 化学科の特長

守備範囲は「環境化学」から「生物化学」まで。幅広い研究分野から自分の「夢」をみつける

「化学」の領域は大変に広く、有機・無機・物理・生物・分析・医薬・環境など、さまざまな物質や現象を取り扱う。つまり、夢に挑戦する対象に溢れている学問といえる。資源やエネルギー源の枯渇、食糧不足、環境汚染など、21世紀の人類が避けて通ることのできない諸問題に対し、化学が果たす役割はますます大きくなっている

授業紹介:[化学特別実験] くわ原 正靖 教授 (※くわの漢字は、卉に木。桑の異体字)

実験科目で培った実験方法や機器操作の基礎を活かし、4年次の「化学特別実験」では研究室に配属して研究に取り組む。新たな理論に基づくバイオ分析法の開拓や、新規分子材料を創製してバイオ分析法への応用や生命機能の解明を目指す。研究テーマに沿った実験計画を立て、結果の考察、討論で内容を深め、卒業研究にまとめる

卒業論文テーマ例

● 有機強誘電体DABCO-2(2-Chlorobenzoic acid)結晶中のプロトン移動
● リン酸イオンを内包する銀クラスターの合成
● 2-クロロアリルアセテートのPd触媒ダブルエーテル化反応
● チョコレートの熱測定
● 有機ラジカルをベースにした機能性新規分子の合成
● 紅藻類海藻オゴノリの亜硝酸還元酵素の抽出と特徴づけ

卒業後の進路

高度な専門技術・知識の修得を目指し、2~3割は大学院へ進学する。就職する卒業生は、製造業や情報通信業、卸売・小売業、サービス業のほか、学校教員や教育学習支援業(塾講師等)、公務員など、多岐にわたる分野で活躍している

業種別内定先(2019年3月卒業予定内定者70名/2019年3月31日現在)

業種別内定先は、サービス業20.9%、卸売・小売業19.4%、情報通信業17.9%、製造業16.4%、学校教育6.0%、飲食店・宿泊業4.5%、公務員4.5%、運輸業2.9%、建設業1.5%、金融・保険業1.5%、不動産業1.5%、医療・福祉1.5%、複合サービス業1.5%となっている

日本大学 文理学部 化学科の入試情報

日本大学 文理学部 化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:カンロ、中村屋、エステー、東日本電信電話、AOI Pro.、ベネッセコーポレーション、東京急行電鉄、ニプロ、日本ペイント、東京都教育委員会

日本大学 文理学部 化学科の問合せ先

日本大学 文理学部 化学科お問い合わせはこちらへ

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL 03-5317-9380 日本大学文理学部 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。