日本大学

  • 10,337人が検討中

物理学科

東京

日本初のノーベル賞受賞者湯川秀樹博士の進言により設立。素粒子論や宇宙物理、また大型装置による核融合研究等を推進

募集人数 140
初年度納入金 173 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 理工学部 物理学科の特長

宇宙や物質の振る舞い等を理解し、研究者やエンジニアとしてそれらを応用する能力を身につける

物質の究極の姿である素粒子、広大な宇宙のしくみ、超高温、極低温など極限状態における物質の振る舞い等、自然の法則とそれらを取り扱うための理論的な思考法を学ぶ。専門課程では、理論物理学として、素粒子論、宇宙物理、物性物理、科学史など、実験物理学としては核融合やプラズマ物理、超伝導、生物物理などが学べる。

幅広い目標に対応する履修モデルを提案し、演習や実験で基礎からサポート

少人数制の演習で徹底指導を行う基礎科目(力学、電磁気学、量子力学など)、多岐の分野に亘る充実した専門科目(相対論、宇宙物理、核融合科学など)、多彩な物理現象(超伝導、X線回折など)を直接観察する物理学実験で、研究者、技術者、教員としてのスキルを身につける。理科、数学、情報の教員免許も取得できる。

幅広い理論研究と大規模実験を展開、少人数制指導で論理的思考力と実験技術を養う

理論系では素粒子論、大統一論、場の理論、物性物理、統計物理、さらに宇宙物理として恒星の進化や超新星の理論と観測が行われている。大型装置による磁場閉じ込め核融合や自己組織化プラズマの研究をはじめ、超伝導や物性・生物物理などの実験物理も展開。科学史や物理教育法などの研究も展開されているのが特徴。

大型装置を用いた実験から、素粒子や宇宙など理論物理まで、多彩な研究室がそろう

極限的に高い効率を持つFRC型核融合プラズマの国内唯一の研究拠点であるプラズマ・核融合研究室を始め、物性実験、超伝導、生物物理、原子核実験の4つの実験系研究室と素粒子論、統計物理、物性理論、宇宙物理、宇宙・数理解析、科学史、教育・情報の7つの理論系研究室で、基礎から応用まで物理学のあらゆる分野を網羅。

およそ3割の学生は大学院へ進学し専門能力を磨く(2018年3月卒業生実績※卒業者数127名)

就職先は通信・放送・情報サービス産業が28%、学校教育・公務員が11%、調査・専門・その他サービスが10%、製造業が2%、進学先は日大大学院が67%、国公立大学大学院が28%となっている。大学院修了生は、大手メーカーのエンジニアや大学・企業の研究所などへの就職も多い。

核融合プラズマや電子線形加速器など最先端の大型実験施設がある

中性子排出のない高効率核融合炉心として期待されるFRCプラズマの国内唯一の実験拠点となっていることをはじめ、125MeV電子線形加速器、交流帯磁率測定装置、真空蒸着装置、低温磁場中比熱測定装置、分子線エピタキシー装置、Heフリー5T超伝導マグネット、四楕円鏡型浮遊溶融装置、X線回折装置、並列計算機などがある。

日本大学 理工学部 物理学科の入試情報

日本大学 理工学部 物理学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:NECネッツエスアイ、乃村工藝社、コーセー、富士ソフト、SCSK、NECソリューションイノベータ、埼玉県教育委員会、富山第一高等学校、第一生命ホールディングス、気象庁、原子力規制庁、新潟県庁

日本大学 理工学部 物理学科の問合せ先

日本大学 理工学部 物理学科お問い合わせはこちらへ

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14 日本大学理工学部 入試事務室
TEL 03-3259-0578
nyushi@adm.cst.nihon-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。