日本大学

  • 10,469人が検討中

心理学科

東京

心理学の基礎から応用まで全領域をカバー。公認心理師の受験資格取得に対応した「公認心理師コース」を設置

募集人数 130
初年度納入金 138 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 文理学部 心理学科の特長

こころの科学的理解とともに、心理的支援の実践的な力を養成

心理学は、心の働きを科学的に解明する学問分野である。心理学科では、幅広い心理学の分野に対応し、段階的に実践的に学べるカリキュラムを用意している。公認心理師コースを履修することで、心理的支援に必要な実践的な力を身につけるとともに、公認心理師の受験資格に必要な大学での卒業条件を満たすことができる

授業紹介:[カウンセリング特講] 岡田 和久 教授

ブリーフセラピーは、コミュニケーションの変化を促して問題解決をしていく心理療法の1つ。効果的かつ短期的な療法である一方、誤用・誤解が生じやすい技法という側面を持つため、解決志向モデルや可能性療法、コミュニケーション理論などの事例を提示しながら解説を行い、ブリーフセラピーを正しく理解していく

卒業論文テーマ例

● 感情抑制とマインドフルネス傾向との関連
● 青年期における親子間の心理的離乳が親準備性に及ぼす影響
● 好まれる勉強環境
● オブジェクトの「機能」の認識と検出:RSVP課題におけるカテゴリー間の比較
● 大学生のグループ場面での自己開示が学校適応感に及ぼす影響
● 援助要請スタイルと援助者との関係についての研究

卒業後の進路

心理学科の卒業生のほとんどは民間企業に就職し、その分野も卸売・小売業、情報通信業、製造業、金融・保険業など多岐にわたっている。臨床心理士や研究職を目指して、大学院に進学する人も1割前後となっている

業種別内定先(2019年3月卒業予定内定者90名/2019年3月31日現在)

業種別内定先は、サービス業21.7%、情報通信業18.1%、卸売・小売業13.3%、公務員9.7%、製造業6.0%、運輸業6.0%、飲食店・宿泊業6.0%、金融・保険業4.8%、不動産業4.8%、医療・福祉3.6%、建設業2.4%、複合サービス業2.4%、その他教育・学習支援業1.2%となっている

日本大学 文理学部 心理学科の入試情報

日本大学 文理学部 心理学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:フランスベッド、三菱電機、日本年金機構、楽天、JTB首都圏、三菱食品、三菱UFJ銀行、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構、東京都庁、法務省

日本大学 文理学部 心理学科の問合せ先

日本大学 文理学部 心理学科お問い合わせはこちらへ

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL 03-5317-9380 日本大学文理学部 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。