日本大学

  • 10,337人が検討中

応用情報工学科

千葉

情報工学分野のプロフェッショナルとして、広く社会で活躍できる人材を育成

募集人数 100
初年度納入金 173 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 理工学部 応用情報工学科の特長

実験や実習を通して「ソフトウェアものづくり」を学ぶ

応用情報工学科は、システム化技術やソフトウェア技術の学習研究に主眼を置いた、「ソフトウェアものづくり学科」という位置づけになる。授業では自主性を重んじた実験や実習に力を入れることで、実践的にソフトウェアの知識や技術を修得。またハードウェアやシステム技術についても、理解を深めていく。

3分野からのアプローチにより、情報工学を掘り下げて学ぶ

新学科では3分野の教育研究を中心に取り組む。1.情報システムに必要なコンテンツを生み出す「情報処理」、2.マルチメディアを始めとする情報を安全、確実に伝える「ネットワークシステム」、3.電化製品や各種デバイスを制御するためのソフトウェア開発を探究する「組込みシステム」。各分野で実績ある教授が指導にあたる。

情報工学の幅広い知識を段階的に学べるカリキュラム

プログラミングや計算機工学など、情報工学の基礎的な理論を1年次に学び、各学生はその後の学習につなげる。2・3年次では「情報処理」「ネットワークシステム」「組込みシステム」の各分野を掘り下げて探究。そして4年次にはプロジェクト実習や卒業研究を通して、より高度な技術を学ぶ。

グループでプロジェクトを運営し、実務的な力を養う

本学科を象徴しているのが、システムの構築などをグループで行うプロジェクト実習。研究テーマの企画→立案→実行→評価→改善といったサイクルに沿って、プロジェクトを進めながら学ぶ。こうしたプロセスを経験することで、職業人や研究者に求められる柔軟な思考力や協調性、責任感、問題解決能力などを養う。

大学院進学や、情報関連企業への就職の道が拓ける

応用情報工学科卒業後の進路としては、日本大学大学院理工学研究科情報科学専攻を始めとする大学院への進学や、情報システム、情報機器、情報サービス関連企業への就職が考えられるほか、公務員や教員への道も拓かれている。進学・就職については、学部・学科双方によるきめ細かいサポートを受けることができる。

情報工学の高度な知識と、実践力を備えた人材を育てる

情報端末、情報ネットワークをはじめとする情報機器や情報システムは、社会生活に不可欠なものになった。それに伴って、情報工学分野の知識を幅広く修得した人材へのニーズが高まっている。本学科では豊富な演習や実験、プロジェクト実習などを通して、情報工学の高度な知識と実践力を備えた人材の育成を目指す。

日本大学 理工学部 応用情報工学科の入試情報

日本大学 理工学部 応用情報工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本電気、凸版印刷、富士通、スズキ、ソフトバンク、伊藤忠テクノソリューションズ、エヌ・ティ・ティ・データ、DTS、東海旅客鉄道、総務省

日本大学 理工学部 応用情報工学科の問合せ先

日本大学 理工学部 応用情報工学科お問い合わせはこちらへ

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14 日本大学理工学部 入試事務室
TEL 03-3259-0578
nyushi@adm.cst.nihon-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。