日本大学

  • 10,337人が検討中

地球科学科

東京

地球で起こる諸現象を把握し、その全体像を理解して、地球と人間活動の未来を見通す知識や技術を学ぶ

募集人数 80
初年度納入金 166 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 文理学部 地球科学科の特長

宇宙に浮かぶ青いオアシス「地球」。最先端の技術を駆使して地球のダイナミックな姿に迫る

現在の地球は、環境変化、自然災害をはじめ多くの問題に直面しており、その原因やメカニズムの解明が急がれている。地球科学科は、地球内部の現象・地球の物質構成・大地の構造と活動・水の循環・気候変動・地球環境変化など、今日的な視点で地球を捉え、地球の未来を洞察し、社会に貢献できる人材の育成を目標にしている

授業紹介:[流体地球科学基礎実験1] 加藤 央之 教授

流体地球科学的な現象をとらえるための基礎的な方法論を学び、実験・実習を通して基礎知識や技術を習得する。富士山麓で気温・水温、風向・風速、地下水の水質測定、標高データ・衛星画像の取得・解析などの調査・観測を行う。フィールドを調査し、データの収集・解析から、地球のさまざまな現象やそのメカニズムを解明する

卒業論文テーマ例

● 双葉断層帯周辺の地下水流動解析
● 地球深部を伝播する地震波の研究
● 北海道北西部における風の急変動特性
● UAV による三宅島雄山での斜面崩壊シミュレーション
● 富士火山三島パホイホイ溶岩の表面形態
● 北極振動(AO)がもたらす総観気候的特徴
● 山梨県甲府市周辺における湧水の水質特性と地質との関係

卒業後の進路

環境や地質、建設などの調査・コンサルタント業、IT 関連や気象関連の情報サービス業、製造業・流通業、教員・公務員や団体職員など、さまざまな分野への進路がある。また、本学大学院をはじめとして全国の大学院への進学がある

業種別内定先(2019年3月卒業予定内定者57名/2019年3月31日現在)

業種別内定先は、情報通信業25.5%、サービス業23.5%、卸売・小売業11.8%、運輸業9.8%、公務員7.8%、建設業5.9%、製造業3.9%、不動産業3.9%、学校教育3.9%、金融・保険業2.0%、医療・福祉2.0%となっている

日本大学 文理学部 地球科学科の入試情報

日本大学 文理学部 地球科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本電気航空宇宙システム、住友林業、ウェザーニューズ、アジア航測、東日本旅客鉄道、アサノ大成基礎エンジニアリング、応用地質、東京技工、国土交通省、農林水産省

日本大学 文理学部 地球科学科の問合せ先

日本大学 文理学部 地球科学科お問い合わせはこちらへ

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL 03-5317-9380 日本大学文理学部 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。