日本大学

  • 5,024人が検討中

応用分子化学科

千葉

化学に関する基礎知識から、有機・無機合成化学、化学工学、分析化学、材料化学、生化学等の幅広い分野の学問を学ぶ

募集人数 176
初年度納入金 166 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 生産工学部 応用分子化学科の特長

「グリーンケミストリー」の概念をもとに、資源と環境を調和させ、材料の可能性を追求する

次世代の科学技術は、新素材、ライフサイエンス、新エネルギー、特殊化学品などの先端分野と、地球環境分野が融合することにより発展すると考えられる。本学科では、先端分野で要求される性質を持った物質を創り出す能力「分子デザイン能力」と、環境にやさしい「ものづくり」を行うグリーンケミストリーの知識を習得する

分子デザインの可能性に挑む。循環型社会が求める新素材・物質の開発に貢献する人材を育成

1年次に決定する「国際化学技術者コース」は、JABEE(日本技術者教育認定機構)認定カリキュラムで、国際的に活躍する技術者をめざす。環境にやさしい物質を創出する技術者を育成する「物質デザインコース」、バイオテクノロジーを基盤としたものづくりを習得する「生命化学コース」は2年次より選択となる

先端材料開発、生体機能開発、グリーン・プロセス開発の教授陣

先端材料開発には、中釜教授(分析化学)、清水教授、津野教授、藤井教授(有機化学)、山田(和)教授(機能性高分子)、生体機能開発には、柏田教授(生体関連材料)、野呂教授(生体機能化学)、吉宗教授(酵素工学)、グリーン・プロセス開発には日秋教授(化学工学)がいる

卒業研究は必修科目であり、各研究室に分かれて1年間専門分野における先端の研究・実験を行う

応用分子化学科では、教授ならびに准教授の指導を受けて、4年次に全員が1年間の卒業研究に着手する。先端材料開発、バイオ医療・生体機能開発、グリーン・プロセス開発および資源・エネルギー開発の各分野で、毎年約180テーマの卒業研究が行われる

最新の設備を擁して先端研究を展開

グリーンケミストリーの考えに基づいて、機能材料の創出、化学プロセスおよび化学計測システムの開発など先端的な研究が最新の研究設備を備えた研究室で専門分野ごとに進められている。また、公的研究機関や民間企業との共同研究も行われており、研究成果は国内外の学会や学術雑誌で発表されている

製造業界を中心に技術者や研究者として活躍。大学院(内部・他大学)進学者も多数

製造業界を中心に技術者・研究者になるほか、公務員(技術系)や教員(理科・工業)などの進路がある。2019年3月卒業生の主な就職先としては、伊藤園、クラレ、トーイン、共同印刷、凸版印刷、旭化成、資生堂、TOTOバスクリエイトなどがある。また、専門性の高い先端研究を継続するために大学院に進学する学生も多数いる

日本大学 生産工学部 応用分子化学科の入試情報

日本大学 生産工学部 応用分子化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:伊藤園、クラレ、トーイン、共同印刷、凸版印刷、旭化成、資生堂、TOTOバスクリエイト、東芝テック、朋和産業

日本大学 生産工学部 応用分子化学科の問合せ先

日本大学 生産工学部 応用分子化学科お問い合わせはこちらへ

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
TEL/047-474-2246(直) 日本大学生産工学部入試センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。