日本大学

  • 6,909人が検討中

競技スポーツ学科

東京

競技スポーツを学術的、総合的に研究し、社会で活躍できる反省的実践家を養成

募集人数 300
初年度納入金 146 万円(諸会費等別途)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の特長

スポーツ科学に必要な基礎力及び科学的知識を修得

コーチング学を中心に、医科学や自然科学、社会科学など、スポーツを取り巻く領域を総合的に研究します。スポーツ科学の知見を幅広く学び、科学的知識を備えたアスリートや人間性豊かなコーチを養成します。学びの内容は「競技スポーツ」を対象としますが、学びに際し、運動の得意、不得意は関係しません。

競技スポーツに関する専門性を高める

「競争性」の比重が大きい競技スポーツを対象に、「コーチング学」を主軸とした専門教育を行い、実践的理論を修得。2年次には、自らの競技力向上に関して学ぶ「アスリートコース」と、アスリートのためのさまざまなサポート方法を学ぶ「スポーツサポートコース」からコース選択をし、専門性を高めていきます。

国際レベルの実績がある実務者や、競技スポーツ研究者が指導

国際大会で活躍した元選手や指導者、ジュニア育成指導者などを中心に教員を招聘。また、競技スポーツを研究対象として、その研究成果を実証、実践している研究者や、アスリートを対象とした臨床系(医学、心理学、栄養学、リハビリなど)の実務者など、幅広い分野の専門家が学修をサポートします。

体育・実験施設が充実したキャンパス

キャンパスは世田谷区三軒茶屋にあり、1号館には教室や食堂のほか、アリーナ(体育館)、プール、柔道場、剣道場、相撲場、トレーニングルーム、ボルダリングウォール、低酸素室、流水プールなどの体育・実験施設を配置。2号館は図書館やラーニングコモンズ(総合的な自主学修施設)としての機能を備えています。

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の入試情報

入試一覧

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:本田技研工業、東レ、キリンホールディングス、日清製粉、日本ハム、エイベックス、NECフィールディング、東日本旅客鉄道、ヤマト運輸、伊藤忠食品、ゼビオ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、りそなホールディングス、住友生命保険、博報堂、ルネサンス、エン・ジャパン、日本相撲協会、ベネッセスタイルケア、東京出入国在留管理局、防衛省陸上自衛隊、和歌山県庁、茨城県警察、埼玉県警察、警視庁、東京消防庁、茅ヶ崎市役所

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の問合せ先

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科お問い合わせはこちらへ

〒154-8513 東京都世田谷区下馬3-34-1
TEL 03-6453-1600
adm.rmss@nihon-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。