日本大学

  • 10,331人が検討中

競技スポーツ学科

東京

スポーツを科学的に研究し、競技スポーツのアスリートやコーチを養成。

募集人数 300
初年度納入金 140 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の特長

スポーツを多様な学問分野から総合的に研究

コーチング学を中心に、医科学や自然科学、社会科学など、スポーツを総合的な視点から科学的に研究する。本学部ではスポーツ科学の知見を幅広く学ぶとともに、競技スポーツの実践内容を多様な学生同士で議論するなかで、アスリートやコーチとして必要な素養を養い、専門的な知識を修得する。

世界レベルのアスリートや、人間性豊かなコーチを養成

コーチング学を中核に競技スポーツに関連する幅広い領域を学際的に学べるカリキュラム。2年次からは「アスリートコース」と「スポーツサポートコース」のいずれかを選択し、前者では自らの競技力向上に関する実践理論を修得。後者ではアスリートを取り巻く様々なサポートに関する知見を修得する。

国際レベルの実績がある実務者や、競技スポーツ研究者が指導

国際大会で活躍した元選手や指導者、ジュニア育成指導者などを中心に教員を招聘。また、競技スポーツを研究対象として、その研究成果を実証、実践している研究者や、アスリートを対象とした臨床系(医学、心理学、栄養学、リハビリなど)の実務者など、幅広い分野の専門家が学修をサポートする。

アスリートやコーチ、一般企業まで、あらゆる分野での活躍が期待される

スポーツをプロとして実践していくプロアスリートをはじめ様々な形態でのアスリート活動を支援する。また、様々な競技スポーツの運営、強化に携わる競技団体の職員、地域のスポーツ指導者、スポーツを対象とした研究者、スポーツにかかわる一般企業など幅広い選択が可能である。

体育・実験施設が充実したキャンパス

世田谷区三軒茶屋にあるキャンパス。1号館には教室や食堂のほか、アリーナ(体育館)、プール、体操場、柔道場、剣道場、相撲場、トレーニングルーム、低酸素室、流水プールなどの体育・実験施設を配置。2号館は図書館やラーニングコモンズ(総合的な自主学修施設)としての機能を備えている。

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の入試情報

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科の問合せ先

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科お問い合わせはこちらへ

〒154-8513 東京都世田谷区下馬3-34-1
TEL 03-6453-1600
adm.rmss@nihon-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。