日本大学

  • 10,337人が検討中

数理情報工学科

千葉

コンピュータを用いた数理的な思考方法を学び、情報処理技術者に必要な各種技術を学ぶ

募集人数 154
初年度納入金 166 万円(諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 生産工学部 数理情報工学科の特長

柔軟な発想と問題解決能力で高度情報化社会を担う情報処理技術者を育成する

「数理情報システムコース」では、新しい問題を解決するために必要な数理的発想・思考・方法を養う科目を学ぶ。「メディアデザインコース」では、魅力的な表現で役に立つ情報を必要とする人に提供する技術を学ぶ。「情報工学コース」では、ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスを学ぶ

3つのコースともにコンピュータを用いた実技科目が多数用意され、実践的な技術力を養う

「数理情報システムコース」には複雑なシステムの数理モデル化手法に関連する科目、「メディアデザインコース」にはWeb、CG、アニメーション、ゲーム等のメディアデザイン技術に関連する科目が多数設置されている。また、「情報工学コース」はコンピュータサイエンス分野のJABEE(日本技術者教育認定機構)に認定されている

新井研究室では、“壊れないコンピュータ”、“壊れないネットワーク”を研究中

新井研究室では、安心・安全な生活を支えるための高信頼設計技術について研究している。適切な冗長化によって、設計・製造不良、誤操作、災害などがあっても“壊れないコンピュータ”、“壊れないネットワーク”をつくることが目的。PC、車載/航空宇宙システムなど、多様な分野で応用可能な技術の開発を目指す

新しい情報技術を開発するIT能力と数理的思考を磨く

本学科では、3年生からゼミナールが始まる。それぞれの研究室に所属し、行われている研究を始めるためのスタートアップとなる勉強を10人程度の少人数で行う。研究室の教員や院生、卒研生の先輩との縦の、そして同じゼミナール生との横の親密なつながりができ始め、大学に通っているという実感が増すこととなる

3コースにまたがる数理情報工学に関する多彩な研究テーマ

本学科の各研究室は、それぞれ、流れ・音響・振動のシミュレーション、意思決定問題、ヒューマンインタフェース、情報セキュリティ、人工知能、シリアスゲーム、コンテンツ管理、非線形物理、人と機械との協調、画像信号処理、コンピュータシステムの高信頼化、LSI設計等の幅広い内容の研究をしている

数理情報工学の知識を生かした進路先

本学科ではソフトウェア開発力が養成されるため、情報通信産業への就業が多い。さらに、サービス業、製造業等の幅広い分野においてもコンピュータ業務があるため、本学科学生に対する求人がきている。大学院へ進学し、さらなる研鑽をつむ学生も多く、さらに、中学・高校の数学教員になる卒業生も多いことが特徴である

日本大学 生産工学部 数理情報工学科の入試情報

日本大学 生産工学部 数理情報工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:富士通、凸版印刷、いすゞ自動車、ダイハツ工業、USEN、SCSK、ドワンゴ、日本野球機構、千葉県教育委員会、長野市消防局

日本大学 生産工学部 数理情報工学科の問合せ先

日本大学 生産工学部 数理情報工学科お問い合わせはこちらへ

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
TEL/047-474-2246(直) 日本大学生産工学部入試センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。