日本大学

  • 10,020人が検討中

生産工学部

千葉

産業界に近い位置で学び、「技術の力で、現実を変える」エンジニアに!

募集人数:1540

日本大学 生産工学部の特長

教育目標

企業出身の教員が多く、産業界に近い視座で教育が設計されています。知識や技術の他にも経営視点を身につけることで、真に社会に必要とされるエンジニアを育てます。

学科横断型スペシャルプログラム

グローバル人材育成教育の充実を図るため、ビジネスエンジニアリングをグローバルな視点から見ることができる技術者の養成を目的としたプログラムGlo-BE「グロービィ」を企図しました。世界中のどこでもたくましく活躍できる力を2年間で身につける、学科横断型のスペシャルプログラムです。その他にも、事業継承者・企業家育成プログラムEntre-to-Be「アントレトゥービィ」、ロボットエンジニア育成実践プログラムRobo-BE「ロボビィ」、好奇心からイノベーションへつなげる人材育成プログラムSTEAM-to-BE「スティームトゥービィ」があります。なかでも、アントレトゥービィは商学部との学部連携プログラムで、日本大学の総合大学としてのスケールメリットを十分に発揮しています。

取得できる資格

中学校教諭1種免許状【数学・理科】〈国〉、高等学校教諭1種免許状【数学・理科・情報・工業】〈国〉、測量士〈国〉(卒業後実務経験1年が必要)、測量士補〈国〉、毒物劇物取扱責任者〈国〉、電気主任技術者〈国〉(卒業後要実務経験。年数は種類により異なります) ほか

受験資格が得られるもの

危険物取扱者(甲種)〈国〉、二級建築士〈国〉、火薬類取扱保安責任者(卒業により試験の一部免除)〈国〉、電気通信主任技術者〈国〉(卒業により試験の一部免除) ほか

資格取得サポート

公務員試験対策講座や教職課程などを用意。

インターンシップ

40年以上前から必修科目としている「生産実習」。3年次の夏季休暇期間中に産業界の第一線を担う企業や官公庁の現場で、実践的な研修を受けます。事前事後教育も充実しており、キャリア形成教育、エンジニアリングデザイン教育にも注力しています。 

日本大学 生産工学部の問合せ先

日本大学 生産工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
047-474-2246 
〒275-8576 千葉県習志野市新栄2-11-1
047-474-2246 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。